機種のご紹介

Vxシリーズの前提条件は、より長い射程距離とより正確なシステムを持つことでした。

YellowScanの理念である「Just press the Yellow Button」に従い、YellowScanは有名なRiegl レーザースキャナーとApplanix UAV IMU APX-15を含む統合された使いやすいLiDAR システムを設計しました。YellowScanはVx-15 、短時間のデータ処理を必要とする高飛行のUAVプロジェクトに最適なソリューションです。あらゆるタイプのUAVに理想的なサイズです。

内部の技術
  • Applanix
  • Riegl
UAV 統合
  • マルチコプタードローン
  • ヘリコプタードローン
特徴
  • 高精度点群取得
  • 最大化されたレンジ
  • キャリブレーション済み反射強度値

選ばれる理由

YellowScan Vx-15

特徴:

  • 不均一な地形や植生のための安全性のある広範囲のソリューション
  • 測量レベルの精度と正確度
  • 頑丈で信頼できる
  • ターンキーで操作が簡単
  • 完全自動で、任意のドローンに素早く取り付けることができる
お客様の声

2020年4月15日
広いエリアでのYellowScan機能の結果には本当に満足しています。例えば、昨日は2回のトリップを含めて、たった4時間30分で250haをカバーしました。雨が降りそうだったので中止しなければなりませんでしたが、400haには簡単に到達できたと確信しています。今朝は1100haの地形をレリーフとヤシの植林でマッピングして終了しました。昨日は9便で370haと最高記録を更新しました!
このミッションは、土壇場での緊急の依頼でした。システムのシンプルさと効率性により、チームの配置と現場での時間を最適化することができました。YellowScanのおかげで、わずか2時間で630haの修正データをエクスポートし、クライアントが使用できるようにすることができました。そのため、飛行機に戻る前にファイルを納品することができました。

この客様自身もUAVLiDARサービスを提供している会社ですが驚いていました。彼ら自身のUAVLiDARはミッション中に故障したので、当社に計測を依頼しました。当社は2019年にあるLiDAR計測契約のため彼らのサービスを利用したことがあります。(その後、当社は自社のマッピングシステムを持つことにしました)それは彼らが今日当社に計測を依頼する理由です。彼らはYellowScanの競合の一つである Y社のXシステムを持っています。彼らは当社のワークフローを見てY社のXシステムと比較し、大変驚きました。彼らの説明によると、Xシステムの使用とは大変な違いがある。フライトの度にバッテリーを入れ替える必要があり、アンテナは巨大で重さはほぼ1キロもあります。データ処理は言うまでもなく悪夢でした。YellowScannoシステムは、彼らに希望を持たせました。(一瞬彼らもYellowScanシステムを1つ購入しようと思っていることを恐れています😉)。

新しい鉱山のセットアップのための彼らのパーム油プランテーションの調査の1つについての詳細を読む。 YellowScanは、ヨーロッパのスタートアップをインドネシアの主要なプレーヤーにします。

アルノー・ドゥニソ

院長, MSDI - バリ・ドローン制作 - インドネシア - DJI M600とYellowScanを搭載 Vx-15

パッケージに含まれるもの

R ハードウェア
  • YellowScan Vx-15
  • 充電器と2個の電池
  • GNSSアンテナとケーブル
  • 2本のUSBフラッシュドライブ
  • ドキュメント

R ソフトウェア

  • Applanix POSPac UAV
  • YellowScan CloudStation
R サービス
  • ボアサイトキャリブレーション証明書
  • 1年保証
  • 対面研修
  • ワールドワイドサポート

アドオン

3D ビジュアライゼーション

3Dボタンをクリックして製品を操作する

最適な業界

土木

平準化、計画、インフラの最適化、自然災害後の復興に役立つマッピング

電力線

電線のたるみを検出したり、トリミング作業を計画するための電力線調査

鉱業

鉱山運営の最適化や鉱山拡張の決定のための表面積・体積計算

お問い合わせ