2022年3月17日

イエロースキャン&ラヴィオン・ジョーヌ

無料リプレイ利用可能

LIDAR は、考古学的な探査や例外的な遺産管理にどのように貢献できるのでしょうか。

2021年、フランスの航空測量会社であるL'Avion Jaune社は、Association Mission Patrimoine Mondialから7つの城郭の地図作成を任されました。この組織は、カルカソンヌ市(南フランス)とその周辺の山城がユネスコ世界遺産に認定されるための申請戦略を策定・推進するために設立されました。これらの城は、60kmに及ぶ山間部に点在しており、簡単にはアクセスできません。この問題を解決するために、LIDAR Explorer をヘリコプターに搭載し、城のマッピングを可能にしました。

YellowScanExplorer がどのように運用され、未発見の人間活動を示唆する樹冠下のレリーフや遺跡の検出に役立つ3Dデータを提供し、これらの史跡を管理するのか、今すぐご登録ください。

このウェビナーのセッションは約20分で、その後10分間の質疑応答が行われます。
このウェビナーはフランス語で行われ、英語の字幕が付きます。

主な持ち帰りポイント。

  • 遠く離れた場所でも素早く正確に調査
  • AirbornLIDAR 撮像から最終出力までのワークフロー
  • デジタルテレインモデルと考古学者のためのマッピングツール

 

スピーカー。

ポーリン・メルツ

Business Manager,
L'Avion Jaune

Cyril Jayet - ウェビナー

ベンジャミン・プラデル

Pilot & Aerial Survey Project Manager,
L'Avion Jaune

Cyril Jayet - ウェビナー

Morgane Selve

Communication Manager
YellowScan

ウェビナーのリプレイを見る

下記のフォームにご記入いただくと、リプレイをご覧いただけます。

最新の知識

イエロースキャンの新機能