2021年11月24日

アイルランドの地理空間データサービスプロバイダーであるGeoAerospace社は、アイルランドのLough Dergにある島にある歴史的な修道院であるHoly Islandの高密度LiDAR と高解像度オルソフォトグラフィーマップの提供を請け負いました。 最終的なデータは、この修道院の考古学的評価の一部となります。

YellowScan Mapper DJI M300ドローンについて

ホーリーアイランドミッションのデジタルレプリカ。
© GeoAerospace 2021

挑戦とは何か?

調査チームと関連機器を島に入れて調査することは困難であったため、このケースでは空中調査が望ましいと考えられました。リモートセンシングのドローン技術を使うことで、島に足を踏み入れる必要がなくなり、本土から安全に空撮を行うことができました。

 

ソリューション

通常、この種の考古学的調査は「現場」で行われます。つまり、測量士やエンジニアが船で島に渡り、伝統的な方法で景観や建物を調査するのです。このプロジェクトでは、写真測量だけでも可能でしたが、デジタル地形モデルが植生を貫通して、樹冠の下にある考古学的特徴を特定するのに必要だったので、このサイトではLiDAR が望ましい方法でした。

ミッションパラメータ

アイルランドのホーリー島(ゲール語でInis Cealtraと呼ばれる)のLiDAR の調査を行う。最小限の要件は、8ppm、50cmのDTMおよびDSMでした。 GeoAerospaceは、10cmのDTMおよびDSM、最大250ppmの点群、2cm GSDオルソフォトを提供しました。

 

  • 50haの調査エリア(島
  • 0.5日分のプランニング(リスクアセスメント/フライトプランなど
  • オンサイト1時間40分(40分LiDAR / 1時間 RGB
  • 2フライト(RGB 1フライト、LiDAR 1フライト
  • 高度:70m - オーバーラップ50% - スワス幅: 40m
  • 視野:60度(Nadirから30度オフ
  • DJI M300 withYellowscan Surveyor Ultra、M300 with P1(45mp)RGBセンサー
侵入した森のゾーンの写真
侵入した森林ゾーンの点群データ

ホーリーアイランドミッションの画像、©GeoAerospace 2021

取得

Surveyor Ultra は、アクセスできない場所でも高品質なデータを取得できるため、ドローンチームは1日で複数の現場を撮影することができます。従来、この種の調査は何日もかけて行われていましたが、Surveyor Ultra のような高度な空中センサーを使えば、現場での作業時間が大幅に短縮されます。今回の50ヘクタールの現場では、ドローンチームが現場にいた時間は、セットアップからデータ取得、シャットダウンまで2時間未満でした。このような迅速なデータ取得は、企業の業務効率を向上させるだけでなく、公共施設の営業を継続させたり、調査中に閉鎖しなければならない場合でも迅速に再開させることができます。

 

結果

Yellowscan技術チームのサポートにより、GeoAerospace社は、Yellowscan Surveyor Ultraを使用して、データ収集のアプローチを大幅に改善しました。  

「Yellowscanのサポートチームと協力することで、データ取得と処理のワークフローを大幅に改善することができました。いくつかのプロジェクトの過程で、高品質のテレストリアルスキャナーのデータと比較して、Yellowscan Surveyor Ultraのデータを検証しました。これにより、x、y、zの精度は±5cmとなり、顧客の要求を満たすために不可欠なデータの品質を確保することができました。

Fearghus Folye

CEO, ジオ・アerospace

のメリットSurveyor Ultra

  • 垂直方向のマッピングに最適な360°の視野角
  • VTOL固定翼に最適化された生産性向上ソリューション
  • YellowScan Fly&Driveでのモバイルマッピング に適しています。
  • 高点密度
  • 軽量化
  • ターンキー:簡単な操作とセルフパワー
  • ほとんどのUAVに素早く装着可能

もっと詳しく知りたいですか?

下のボタンをクリックすると、このケーススタディをPDFでダウンロードできます。

侵入した森のゾーンの写真
侵入した森のゾーンの写真
侵入した森林ゾーンの点群データ
侵入した森林ゾーンの点群データ

ホーリーアイランド・ミッションの点群、©GeoAerospace 2021

注: Yellowscan Surveyor Ultraは、アイルランド科学財団の研究インフラプログラム(18/RI/5810)であるNATDaPの一環として、メイナース大学が購入したものです。
最新の知識
イエロースキャンの新機能
レーザーの分類と特性

レーザーの分類と特性

レーザーは安全のために、人の目や皮膚を傷つける可能性があるかどうかで分類されています。法律では、すべてのレーザー製品にクラスレベルを記載したラベルが必要です。この数字は、アラビア数字またはローマ数字で書かれています。