Designed to Innovate
ページの選択
機種のご紹介

新しいYellowScan Mapper は、当社のLivox-ベースの UAVLiDAR システムです。

YellowScan Mapper UAVLiDAR システムには、高性能な Livox Horizon レーザースキャナーが搭載されています。この LiDAR センサーの高い点密度により、当社の LiDAR システムは、70m AGL の高度、120m の幅で容易に飛行することができます。

マッパーのポイント密度の恩恵を受けながら生産性を高めるために、バランスのとれた10m/sの飛行速度を推奨します。 例えば、高度70m、速度10m/sで飛行した場合、3分で10haのマップを作成することができます。

YellowScan Mapper は、LiDAR ツールを始めるのに適しています。あなたのデータ収集は、速く、正確で、コスト効率の良いものになるでしょう。

特徴
  • 最良のコストパフォーマンス
  • 高い点群密度・精度・正確度
  • 低重量
  • ターンキーで操作が簡単
  • セルフパワー
  • どのUAVにもすばやく取り付け可能 DJIの
内部技術
  • Livox Horizon レーザースキャナー
  • Applanix APX-15 IMU
  • 高性能GNSSアンテナ
UAV 統合
  • マルチローターUAV
  • 固定翼無人機
  • ヘリコプターUAV

YellowScan Mapperの付属品である2個のバッテリーは世界的に認証されています。

高性能バッテリーであって、現場で簡単に交換することができて、生産性を向上させます。

YellowScan Mapper の電源を入れるには、3つの方法があります。次のいずれかを実施してください。

  • Skyport(DJI M300 UAVに搭載)
  • 専用ポート付き外部電源(UAVの電源)
  • YellowScan Mapper LiDAR システム本体の電力(バッテリー)

着陸して、最初のバッテリーセットを取り外し、新しいものと交換します。再び離陸します。YellowScan Mapper は、独自のバッテリーで1時間30分の自律走行が可能です。

Mapper+ LiDARシステムは DJI Skyport に取り付け可能

YellowScan LiveStation

リアルタイムデータ送信でミス防止

機内でのLiDAR データ送信は、専用ポートで可能です。YellowScan Mapper は、LiveStation と互換性があり、LiDAR のデータ収集をライブで視覚化することができます。あなたのミッションを成功に導くことができます。

Mapper+ LiDARシステムは DJI Skyport に取り付け可能

マッパーバックパック

このコンパクトで軽量なLiDAR システムを利用することにしたので、バックパックがあってもいいと思ったのです

カスタムプレカットフォームを使用したハードシェルバックパックには、必要なものすべて(LiDAR システム、ソフトウェア、バッテリー、ラップトップ、データストレージ)を入れて、LiDAR を簡単に持ち運ぶことができます。このバックパックは、航空会社のオーバーヘッドコンパートメントに収まるキャリーオンラゲージのサイズです。

Mapper+ LiDARシステムは DJI Skyport に取り付け可能

カメラモジュール

当社独自のカメラモジュールをYellowScan Mapper で使用できるようになりました。

カメラの操作は、哲学が示すように簡単です。"黄色いボタンを押すだけ」です。カメラの電源はマッパーから供給され、データは専用のSDカードに保存されます。

 ヒューマン・マシン・インターフェースは、シンプルで効率的になるように考えられています。

LiDAR システムの状態を示すLEDと、シングルボタン操作。いつものように "Just Press the Yellow Button "の理念に従いました。

 

データの保存は問題ありません。

データ収集のためにLiDAR のシステムに接続する必要はありません。USBスティックをシステムから取り外して、コンピュータにアクセスするだけです。2つのUSBを受け取るので、2つ目のUSBスティックのおかげで、すぐに着陸と離陸を繰り返すことができます。

調査の生産性を重視しています。1本のUSBメモリで、3時間の調査からLiDAR のデータを保存できます。

LiDAR システムのオーバーヒートはありません。

システムの通気性を高めるために、ダブルサクショングリッド(エアフロー管理)で温度管理を最適化しました。マッパーは、-20℃/4°Fから+40℃/140°Fの範囲で動作させることができます。

ほかのセンサーも統合可能

当社は、RGBカメラ用に独自の内部ポートを新たに設計しました。必要に応じて、他のセンサーを接続できます。

新yellowscan mapper 商品画像

あなたのワークツールは信頼でき、保護されています。輸送中にレーザースキャナーのガラスに傷がつかないように、保護用のスライドピースを設計しました。

キズがつかない!?
また、保護用のスライドピースを外し忘れても、TheYellowScan Mapper が検知システムで知らせてくれるので、ミッション開始前に警告してくれます。

YellowScan Mapper 水滴で

保護等級 IPW55

YellowScan Mapper はIPW55の保護機能を備えているため、データ収集中に雨が降っても問題ありません:着陸までの時間があります。雨が降るかもしれない」という天候でも、雨に降られることなく飛行を開始することができます。もし飛行中に雨が降ってきても、問題なく帰宅することができます。

ユニットは安全です。 LiDARシステムには、滑り止めのゴムパッドが装備されています。 システムを損傷することを恐れずに、着陸することが可能です。

のための高品質のGPSアンテナYellowScan Mapper

高品質のGPSアンテナ

付属のGNSSアンテナは、GPS L1/L2/L5/Lバンド、GLONASS G1/G2/G3、BDS B1/B2/B3、Galileo E5a/E5b/E6/E1からの優れた信号を受信することができます。IP-67の防塵・防水性能を持ち、低耐風設計となっています。

高品質のGPSアンテナは、高品質のジオリファレンス点群を取得するために必要です。あなたはそれに値する。

パッケージに含まれるもの
R ハードウェア
  • YellowScan Mapper
  • 1つの充電器と2つのバッテリー
  • GNSSアンテナ 1個、ケーブル
  • USBメモリー 2個
  • 1個のカスタムプレカットフォーム付きハードシェルバックパック
  • 書類等
R ソフトウェア
R サービス
  • 1年目の無制限サポートを含むワールドワイドサポート
  • ボアサイトキャリブレーション証明書
  • 1年保証
  • 対面またはオンライントレーニング

アドオン

UAVの統合の例

Mapper+ LiDARシステムは DJI Skyport に取り付け可能

 YellowScan Mapper は、DJI Skyportと一緒に使うことができます。これを見逃すわけにはいきませんよね。

マッパーは、DJI M300と互換性があります...が、それだけではありません。私たちは、マルチローター、固定翼、ヘリコプターなどのUAVを私たちの製品で飛ばしているお客様がたくさんいます。

すでにM300やM600をお持ちの方には、MapperLiDAR をUAVに取り付けるための専用マウントブラケットをご用意しています。

Mapper+ LiDARシステムは DJI Skyport に取り付け可能
Mapper+ LiDARシステムは DJI Skyport に取り付け可能

YellowScan Mapper LiDAR システムをAcecore Zoeドローンに接続します。

Acecore社は、同社のZoeドローンと当社のMapperLiDAR ソリューションがシームレスに連動することを確認する機会を与えてくれました。

YellowScan Mapper と Acecore Zoe を組み合わせることで、クラス最高の高精度点群データとフライトの多様性を1つのパッケージで提供します。

これらは、スムーズな統合のための完璧な組み合わせであり、生産性の高いUAVLiDAR のデータ収集のための31分間の飛行時間を可能にします。

お問い合わせ