ヨーロッパ: +33 4 11 93 14 00 - アメリカ: +1 801 876 1007 - 日本: +81 3 4360 5588 - アジア太平洋地域:+61 3 7034 9488
機種のご紹介

新しい YellowScan Mapper は、当社の Livox に基づく UAV LiDAR システムです。

YellowScan Mapper UAV LiDAR システムにはDJI社の支援を受けているLivox の高性能な Livox Horizon レーザースキャナーが統合されています。この LiDAR センサーでは高い点密度により、当社のLiDAR システムは、70m AGLの高度、120m の幅で簡単に飛行することができます。

高い生産性を保ちながらMapperの点群密度の恩恵を受けるためには、バランスのとれた10m/sの飛行速度をお勧めします。 例えば、70mのAGL、10m/sで飛行すると、3分で10haのマッピングが可能になります。

YellowScan Mapper は、間違いなく開始するのに適した LiDAR ツールです。データ収集は、迅速、正確、かつ費用対効果の高いものになります。

特徴
  • 最高のコストパフォーマンス
  • 高い点群密度と高度な精度と正確度
  • 低重量
  • ターンキーで操作が簡単
  • セルフパワー
  • どんなUAVにも素早く装着できます。 DJI UAV
内部の技術
  • Livox Horizon レーザースキャナー
  • Applanix APX-15 IMU
  • 高性能GNSSアンテナ
UAV 統合
  • マルチローターUAV
  • 固定翼無人機
  • ヘリコプターUAV
特徴

Mapper LiDAR システムを DJI Skyport に接続することができます。

YellowScan Mapper は DJI Skyport と関連付けることができます。Mapperは DJI M300 と互換性がありますが、M300に限られません。マルチローター、固定翼、ヘリコプターのドローンなど、多くのお客様が当社の製品を使ってUAVを飛ばしています。

すでにM300やM600をお持ちの方には、MapperLiDAR をUAVに取り付けるための専用マウントをご用意しています。

Mapper LiDAR システムを DJI Skyport に接続することができます。

世界認証バッテリー2個セットは、YellowScan Mapperと共に出荷されています。

高性能であり、生産性を高めるために現場で簡単に交換することができます。

YellowScan Mapper の電源を入れるには、3つの方法があります。どちらかを使用することができます:

  • Skyport(DJI M300 UAVに搭載)
  • 専用ポート付き外部電源(UAVの電源)
  • YellowScan Mapper LiDAR システムの自力(バッテリー)

着陸して、最初のバッテリーセットを外して、新しいバッテリーに交換するだけです。すぐ再び離陸することができます!YellowScan Mapper 自家用バッテリーで1時間30分の寿命を持っています。

Mapper LiDAR システムを DJI Skyport に接続することができます。

ライブデータ送信でオフィスに戻る前に何かを見逃さないようにしましょう。

In-flight LiDAR データ転送が専用ポートにより可能です。YellowScan Mapper は LiveStation と互換性があり、LiDAR のデータ収集をライブで可視化することができます。ミッションは成功しなければならない場面で、オフィスに戻る時データが不足していることに気づくことがなくなります!

Mapper LiDAR システムを DJI Skyport に接続することができます。

マッピングソリューションをバックパックで簡単に持ち運びましょう!

このコンパクトで低価格なLiDARシステムを活用しましょう 。今回はバックパックで運べるといいと思いました。

カスタムプレカットフォームを使用したこのハードシェルバックパックでは、簡単に必要とするすべてのもの(LiDAR システム、ソフトウェア、バッテリー、ラップトップ、データストレージ)を運ぶことができます。手間をかけずにこの荷物を機内持ち込むことができます。

ヒューマン・マシン・インターフェースは、シンプルで効率的と考えられています。

LEDがLiDARシステムの状態を示し、操作するボタンは1つしかありません。いつものように、「黄色いボタンを押すだけ」の理念を踏襲しました。

 

データの保存は問題ではありません。

データを収集するにはLiDARシステムに接続する必要はありません。USBメモリーを取り出して、コンピュータにアクセスすることができます。2つのUSBメモリーを出荷しますので、2つ目のUSBメモリーで着陸して再び離陸する必要がある場合は重宝です。調査の生産性は私たちにとって重要です!1つのUSBメモリーで3時間の調査からのLiDARデータを保存することができます。

LiDAR システムが過熱しません。

システムの通気性を高めるために、ダブルサクショングリッド(気流管理)を採用し、温度管理を最適化しました。Mapperは-20°C/4°F~+40°C/140°Fの間で動作することができます。

デュアルセンサーと言いましたか?

RGBカメラ用に新たで独自の内部ポートを設計しました。必要に応じて他のセンサーを接続することができます。

新yellowscan mapper 商品画像

ワークツールは信頼性が高く、保護されています!輸送中のレーザースキャナーガラスへの損傷を防ぐために、保護スライダーを設計しました。

ストライプはなくなります。
保護スライダーを外すのを忘れた場合は、YellowScan Mapper が伝えております:ミッションが始まる前に検出システムの警告があります。

IPW55保護

YellowScan Mapper データ収集中に雨が問題ではないように、IPW55保護を持っています:着陸までの時間の余裕があります。「雨が降るかもしれない」という天候であっても、雨が降らない内にフライトを開始することができます。飛行中に雨が降ってきても、戻って飛ばしても問題はありません。LiDARシステムには滑り止めのゴムパッドが付いています。損傷を恐れずにシステムを横に置くことができます。

高品質のGPSアンテナ

付属のGNSSアンテナは、GPS L1/L2/L5/Lバンド、GLONASS G1/G2/G3、BDS B1/B2/B3、Galileo E5a/E5b/E6/E1からの優れた信号を受信することができます。IP-67の防塵・防水性能を持ち、低耐風設計となっています。

高品質のGPSアンテナは、高品質のジオリファレンス点群を取得するために必要です。あなたはそれに値する。

パッケージに含まれるもの
R ハードウェア
  • YellowScan Mapper
  • 充電器と2個の電池
  • GNSSアンテナとケーブル
  • 2本のUSBメモリー
  • 1個のカスタムプレカットフォーム付きハードシェルバックパック
  • ドキュメント
R ソフトウェア
  • Applanix POSPac UAV
  • YellowScan CloudStation
R サービス
  • ボアサイトキャリブレーション証明書
  • 1年保証
  • 対面またはオンライントレーニング
  • ワールドワイドサポート(1年目は無制限に含まれています)

アドオン

お問い合わせ