YellowScan、イベント「LiDAR for Drone 2022」のスポンサーとしてRIEGL を発表。

2022年05月03日|ニュース

RIEGL は、YellowScanのOEMサプライヤーおよびテクノロジーパートナーの1社であり、グローバルコミュニティの重要な一員です。

YellowScan、イベント「LiDAR for Drone 2022」のスポンサーとしてRIEGL を発表。

フランス・モンペリエおよびオーストリア・ホルン - 2022年5月3日 - RIEGL 次世代の有人および無人LiDAR ソリューションのグローバルリーダーおよびデザイナーであるイエロースキャンは、グローバルコミュニティのユーザーカンファレンス、LiDAR for Drone 2022にスポンサーとして参加することをお知らせします。RIEGL は、測量における厳しいアプリケーションのための空中、移動、地上、UAVベースのレーザースキャン ソリューションで最先端の技術を提供する国際的大手です。RIEGL デバイスは品質、堅牢性および信頼性に焦点を当て、最高の精度/正確さと最先端の技術が求められる測量等級アプリケーション向けに専用に設計されています。

RIEGL は、LiDAR for Drone 2022 に参加し、同社の UAVLiDAR センサーの性能向上について紹介し、最新のイノベーションを発表します。参加者は、オンライン波形処理とNFB(Nadir/Forward/Backward)スキャンを特徴とするRIEGL'Ultimate LiDARTM Technologyについての詳細な洞察を得ることができます。RIEGLUAVセンサーの幅広いポートフォリオは、幅広いアプリケーションの特定の要件に対応し、可能な限り最高の方法で顧客の期待に応えます。

LiDAR for Droneは、YellowScanエコシステムのメンバーにとって、LiDAR テクノロジーの最新開発について話し合い、経験を共有し、顧客、パートナー、販売業者と会う絶好の機会です。参加者は、技術セッション、ワークショップ、ライブデモ、トレーニングなどの幅広いプログラムにより、LiDAR 業界への洞察を深め、興味深く革新的なLiDAR ユーザーから話を聞くことができます。また、多くのネットワーキングの機会を通じて、参加者はLiDAR 市場への参入をアピールし、Lidar の専門家(RIEGL )とも知り合う機会があります。

LiDAR for Drone 2022は、2022年6月13日から14日まで、フランスのモンペリエで開催されます。今年はYellowScanが10周年を迎えるため、これまで以上に大規模で素晴らしいカンファレンスになる予定です私たちと一緒にお祝いしましょう。

 

についてRIEGL

RIEGL は、40 年以上にわたってLiDAR システムを商業的に生産しており、複数の波長におけるパルス飛行時間レーザ ーレーダー技術に重点を置いています。RIEGLのコア技術であるSmart-Waveformは、純粋なデジタルLiDAR 信号処理、レンジアンビギュイティを解決するための独自の方法論、レーザーショットごとの複数のターゲット、測定値の最適な配分、校正済みの振幅と反射率推定、さらにシステムのシームレスな統合と校正を提供します。

RIEGLUltimateLiDAR のセンサーとシステムは、幅広い性能特性を備えており、LiDAR 業界の 3D イノベーションを継続するためのプラットフォームとして機能します。

RIEGL 本社は、オーストリアの首都ウィーンから北西に約85kmのホーンに位置し、欧州連合の中心部にあり、各方面への交通の便が良い。RIEGL北米本部はフロリダ州ウィンターガーデンにあり、日本、中国、オーストラリア、カナダ、英国にはさらにRIEGL のメインオフィスがあります。

 

YellowScan について

YellowScanでは、性能、堅牢性、正確性を必要とする専門家の期待を超えるUAVLiDAR ソリューションを設計、開発、構築しています。当社の完全なハードウェアとソフトウェアのソリューションは、使いやすいデータ収集ツールであり、当社の専門家による比類のないレベルのトレーニングとサポートが付属しています。

2012年に設立されたYellowScanは、世界中に顧客を持ち、その製品は測量、林業、環境調査、考古学、工業検査、土木、鉱業の分野で使用されている

 

お問い合わせ

Morgane Selve、YellowScanのマーケティングマネージャー
お問い合わせはこちらまで。 press@yellowscan-lidar.com

最新のニュース
イエロースキャンの新機能