なぜ特定の波長をLiDAR 持っているのですか?

2020年7月21日

ご存じですか?

LiDAR 波長の別の特異性:大気吸収。

 

太陽の光は最大150Kルクスを発します。15,000本のキャンドルの光を同時に受けているようなものです。

直接または反射されているものは、誤って解釈される可能性がありLiDAR 、レーザーのリターンと見なされます。大気中の水分子は太陽放射の良い部分を吸収し、それによって太陽ビームがLiDAR センサーに到達するためのチャンスを減らします。

私たちの LiDARシステムでは903nmと905nmという特殊な 波長を使用しています。それはなぜですか?

太陽からの光は大気を通過し、その大気が放射の一部を吸収します。大気中に常に存在する水は、これらの放射を吸収しています。905nmの太陽の放射は、ほとんどが水蒸気に吸収されているため、大気中にはごく一部しか存在しないことが観測されています。

の前に狭帯域パスフィルタが配置されている。 LiDARセンサーを通過することができます。このようにして、フィルタの中心波長の周りに数ナノメートルの選択された波長のみを通過させることができます。言い換えれば、間違ったデータ(すなわちノイズ)を生成する可能性のあるすべての太陽光をフィルタリングします。これは、LiDAR によって捕捉され記録された光が、それ自体が生成した光に対応しているという事実を最適化します。

ソース .NASA (オリジナル); SVG ミシド.- によってベクトル化された ユーザー:マイシド Inkscapeで、NASAのオリジナル画像 ファイル:大気電磁界

-Léa Moussy

注:この記事の内容は著作権により保護されています。

最新の知識
イエロースキャンの新機能