なぜ特定の波長をLiDAR 持っているのですか?

2020年7月21日

ご存じですか

LiDAR 波長は検出器の効率の関係で赤外域になります。

 

既存のすべての波長の中で、なぜ他のもの(UV、可視)ではなく、赤外線を使用するのでしょうか?

ほとんどのLiDARの波長は、YellowScanシステムの場合と同様に赤外線領域にあります。903または905nmです。

LiDAR システムの目的の一つは、他のセンサー(カメラや人間の目など)と干渉しない波を発することです。そのため、LiDARの波長は主に電磁スペクトルの近赤外部分(750nm~1.5μm)に位置しています。

この範囲は、750nmから1.1μmまでの範囲と、1μmから1.5μmまでの範囲の2つに分かれています。この範囲内で最も優れた光学応答性を持つシリコンが、最初の検出器に最適な材料です。実際、最大の光学効率は900nm付近にあります。この値を超えると効率は0付近で急激に低下するため、より長い波長には別の材料(例えばガリウム砒素(InGaAS)など)が一般的に使用されています。

とはいえ、InGaAsは900nmの波長でも効率よく動作しますが、シリコンのものに比べて固有のノイズが大きく、点群描画のノイズが大きくなる可能性があります。このため、点群描画のノイズが大きくなる可能性がある。

イエロースキャンのような組み込みシステムでは、シリコンはLiDAR センサーに適した部品です(部品サイズ、価格、適応性の点で)。

最新の知識
イエロースキャンの新機能
DJIのドローンでLiDAR マッピング

DJIのドローンでLiDAR マッピング

LiDAR マッピングに最適なDJIのドローンはどれ? DJIの名前でより知られているDA Jiang Innovationは、世界でナンバーワンのドローンメーカーです。DJI...

デンマークでのUASを用いた低木侵入の検出 LiDAR

デンマークでのUASを用いた低木侵入の検出 LiDAR

インタビューです。 こんにちはビャルケ、このインタビューを受け入れていただきありがとうございます。生物多様性の研究にご利用YellowScan Surveyor いただいているとのことですが......。