LiDAR は雨や霧にも対応しているのでしょうか?

2021年1月26日

ご存じですか?

LiDAR を雨天時や霧天時に使用することはお勧めしません。

 

水と接触すると光が偏り、LiDAR システムのレーザーも偏り、データ 品質に影響を与えます。霧で発生する主な光学的プロセスは拡散であり、雨の場合は分散です。

 

第一の場合、光は水分子によって全方位に散乱されます。このため、レーザービームを見ることができます。このすべての拡散は、LiDAR センサが受信しているリターン信号を基点と水滴の間で区別することを非常に困難にするため、データ中のノイズを増加させます。後処理の段階でデータセットをクリーニングするのは面倒な作業になります。

雨の場合は、光が水滴によって偏向しているだけで、真っ直ぐなレーザー光はもうありません。反射光は偏向効果のために検出できません。さらに、飛行中に水滴がスキャナーに集まり、視野の一部を遮ることがあります。

prism - ご存知でしたか?

もちろん、ドローンLiDAR システムも雨にさらすのは賢明ではありません。

 

しかし、YellowScanはシステム上でIP55(Ingress Protection Code、塵埃や防水に関連する)の評価を受けており、飛行中に雨が降り始めてもUAVがダメージを受けることなく基地に戻ってくることを期待しています。

-Léa Moussy

注:この記事の内容は著作権により保護されています。