フィンランドの送電網の設計とメンテナンスのためのLiDAR ドローンマッピング

2020年5月28日

LiDAR ドローンマッピングのためのPowerlineネットワーク管理を容易にする

 

北欧の電力・通信ネットワークのフィールドサービスプロバイダーであるエルテルは、2019年にフィンランドに拠点を置くエネルギー企業Loiste社との間でパイロットスタディを実施した。このプロジェクトの目的は、送電網の設計、保守、問題解決にドローンをLiDAR どのように活用できるかを調査することでした。

ロイステは、電力事業者として、効率的で正確なネットワークの計画とメンテナンスが必要です。そして、そのためには 送電線監視 は、通常の測量方法では時間とコストがかかり、リスクも伴います。"不正確な従来のマッピング技術は、特に積雪のある冬場には、追加費用が発生し、プロジェクトの遅延や中止につながる可能性があります」とエルテルのカハヤニ地域(フィンランド中部)の地形計画マネージャー、アキ・パロ氏は言います。"ドローンマッピングのアイデアは、冬の間であっても、インフラネット計画の正確な基礎を作るために使用できるということです」と述べています。

 

Lidar ドローンによる電力線のマッピング エルテルとロイステ YellowScan Surveyor

Lidar 送電線用ドローンマッピング - EltelとLoisteとVideodrone Geodrone X4L - 写真クレジット.Eltel/Loiste.

Lidar 送電線検査のためのドローンマッピング

Lidar 森林地帯の送電線をドローンでマッピング - Photo credit.エルテル/ロイステ

森林地帯の送電線網-航空写真

森林地帯の送電線網の空中図 - 写真提供:エルテル/ロイステEltel/Loiste.

 

森林地帯の送電線鉄塔-航空写真

森林地帯にある送電線鉄塔の空中写真 - Photo credit.エルテル/ロイステ。

 

を用いたパイロット研究を実施しました。 YellowScan Surveyor ドローン LiDAR Videodrone GeoDrone X4Lに搭載されているVideodrone GeoDrone X4Lは、それぞれのフライトが100mの広い範囲をスキャンし、これらのマップを重ね合わせて3~6cmの精度でデジタル地形モデルを作成することができることを実証しました。これは、ドローンのマッピングが地形計画のプロセスを合理化してくれるので、フィールドワークの計画を立てるのにとても役立ちます。

インフラネット計画のカーボンフットプリントを削減しながら、UAVがLiDAR 電力線監視の生産性と安全性を飛躍的に向上させる方法については、こちらをご覧ください。 エルテルがフィンランドでインフラネットマッピングの未来を切り拓く.

 

-ジュリアン・BO
最新の知識
イエロースキャンの新機能