信頼性の高い UAV LiDAR マッピング

林業.

正確な3Dマッピングは、画像データを生成し、植生を突き通すことができる
空中ドローン測量によってのみ達成できます。

主なメリット

我々の UAV LiDAR ソリューションでお客様の仕事をよりよく実行する手助けをいたします。

自主性

計測専門家ではない方でも使いやすい(第三者の専門家やパイロットに頼る必要はありません)

自由自在な測量

速く、軽く、容易な動員(システム全体は車か飛行機の荷物で運ぶことができます

頑丈で頼りになる

最も困難な現場条件(極端な温度、湿度、振動、ほこり...)

手頃な価格

限られたエリアをお手頃な費用で計測(航空機LiDARより遥かに低価格 )

キャノピー層および地形モデル化下でのバイオマスを高い精度で計測。

YellowScanのシステムは標準的なエアボーンLiDARよりも低空で低速に飛行できるため、より高いポイント密度とキャノピー下でのより多くのエコーを提供します。これにより、樹木のより良い分類、キャノピー層や地面の地形のより正確なモデリングが可能になります。このようにして、バイオマス推定はより正確なものとなります。

ユースケース

林業

目的

商業活動であれ政府の活動であれ、森林管理には適切な意思決定を行うために森林のデータが必要です。写真測量は樹種の同定には有用であっても、樹冠内情報には正確ではなく、植生が密集している環境下ではDTMに関する正確な情報を得ることができません。そのため、信頼性の高い樹高測定ができません。

結果

YellowScanシステムを使用した空中調査は、地形モデル(DTM)を作成し、樹種の識別、高さおよびサイズの測定、または1ヘクタールあたりの木材の量に関する情報を取得するために、森林の植生を通過する唯一の方法です。

おすすめ商品

YellowScan Surveyor

最も軽量で汎用性の高い UAV LiDAR ソリューション

YellowScan Surveyor Ultra

高密度および長距離UAV LiDAR ソリューション

ビデオプレイリスト

森林のUAV調査 – LiDAR 説明

このビデオは、カルボマップ社のCTOであるAntoine Cottin博士によるプレゼンテーションです。

Antoineは、LIDARテクノロジーの仕組みとそのフォレスト管理アプリケーションを非常に明確に説明しています。

森林管理: 「森林の状態と生産地域を評価するために、小規模地域の樹木の高さを測る」

UAV LiDAR を使用した樹木の生育状況の検出

樹木の成長検出方法の比較TLS / フォトグラメトリー / UAV LiDAR

もっと知りたいですか?

使用ケース

もっと詳しく知りたい方は、林業に関するユースケースをダウンロードしてください。

ビデオ

UAVに関するビデオはたくさんあります LiDAR 私たちのYouTubeチャンネル上のアプリケーション。

LIDARソリューション

どのように私たちの方法を発見 LiDAR 製品範囲は、プロジェクトのニーズに応えることができます。

お問い合わせ