活用.

プロジェクトごとにイエロースキャンソリューションがあります。 

活用

軽量UAV LiDARソリューションだけが満たすことができる
空中3Dマッピングの多様な測量ニーズ。

林冠を見通すマッピングで発見を高速化
平準化、計画、インフラストラクチャの最適化、または自然災害後のクリーンアップに役立つマッピング
ラインのたるみや植生の侵入を検出するための電力線調査
鉱山操作の最適化または拡張を決定するための表面/体積計算
林政作業を最適化するための森マッピング
植生の成長速度と病気の広がり率を測定する

我々の空中アプローチは、地上マッピング技術よりも地域を迅速にカバーし、一貫した結果を提供することができます。

LiDAR技術は正確な航空調査を提供する効率を証明しました。UAVやその他の軽飛行機に搭載できるレーザーセンサーを使用して、3Dマッピングデータを生成できるようになりました。

技術的な活動は着実に増加し、多様性が高いです。環境、林業、鉱業、土木、考古学、コリドーマッピングなどの分野のユースケースが多く、これらのソリューションが何ができるかについて上っ面をなでているだけです。

しかし、大半のLiDARシステムは重く(20kgから100kgまで)、実用的な飛行機かヘリコプターからのみ作動することができます。運用コストが高いため、この種のセンサーは小規模なエリア測量に対してコスト効率が良くはありません。

我々のLiDARソリューションは例えば、低コントラストまたは影のある状況で動作でき、フォトグラメトリー基本のシステムなどのLiDAR技術より扱いやすくて使い方が簡単です。我々の空中アプローチは、地上技術やモバイル技術を使用した従来の地上マッピング技術よりも均質な結果を出した地域をより速くカバーできます。

イエロースキャンの画像処理スイートでは、生データをジオリファレンスされた点群リソースにすばやく変換でき、我々のテクニカルサポートを使用して運用を開始できます。それは、大規模なプロジェクトに推奨される写真測量または空中LiDARをきちんと補完します。センチメトリックプロジェクトの場合は、標準的な地上調査をお勧めします。

我々のドローン用LiDARシステムは、以下に理想的に適しています。

  • 小さな領域 (10km² または 100kmの長さ以下)
  • 植生に浸透する必要がある場合
  • アクセスが難しい地域
  • ほぼリアルタイム・頻繁に・定期的に必要なデータ
  • 2.5cm から 10cm までの正確度範囲

話しましょう